トレチノインとは

黒ずみに効くトレチノインとは

陰部の黒ずみ解消にハイドロキノン

トレチノインとは、レチノール(ビタミンA誘導体)として市販のシミやしわ用の化粧品にも含まれている成分で、レチノールの100倍程度の効果を持つと言われています。

 

アメリカではニキビやしわの治療薬として認可されていており、すでに多くの患者さんが使っているものの、残念ながら日本では副作用の危険性から、厚生労働省から認可の下りていない医薬品となります。

 

そのため、通常の薬局などでは市販されておらず、一部の皮膚科で保険適応外で処方を受ける必要があります。

 

トレチノインの効果

トレチノインの作用

古い角質を剥がし、皮脂の過剰分泌を抑える効果があることから、
主にハイドロキノンの浸透剤として用いられます。
(水溶性のハイドロキノン単独では、皮脂に覆われた肌へは浸透しずらいため)

 

美白効果が高いハイドロキノンと
そのハイドロキノンの浸透を高めるトレチノインとをセットで使用することで、
以下のような症状に効果があると言われています。

 

トレチノインハイドロキノンの治療例

  • しみ、そばかす
  • 黒ずみ(脇、乳首、陰部、Vラインなど)
  • くすみ、色素沈着
  • 虫刺され跡
  • にきび、にきび跡
  • 毛穴の開き
  • 怪我や火傷、手術の跡
  • 毛孔性苔癬       など

 

ただし、トレチノインは非認可の医薬品だけに
副作用が

 

ただし、美白効果がトレチノインにはないので、持っていないというのと、トレチノイン使用による色素沈着を防ぐため、
今あるシミを消し、これからできるシミも予防する効果を持つ
ハイドロキノンとセットで処方されるのが一般的です。

 

 

 

 

 

皮脂のコントロール
皮脂腺の働きを抑え皮脂の分泌を抑えることで、ハイドロキノンが浸透しやすい肌に整えます。

 

ピーリング作用
トレチノインは古い角質を積極的に剥がします。

 

肌のターンオーバーを促進
トレチノインが表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、肌の再生を促します。

 

しわが減り、肌のハリを実感
トレチノインはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すため、小じわの改善を導き肌のハリが生まれ
ます。

 

 

 

 

 

ただし、美白効果がトレチノインにはないので、持っていないというのと、トレチノイン使用による色素沈着を防ぐため、
今あるシミを消し、これからできるシミも予防する効果を持つ
ハイドロキノンとセットで処方されるのが一般的です。

 

 

 

 

トレチノイン不要のハイドロキノン

b.glen QuSomeホワイトクリーム1.9の3つのポイント

安心かつ効果的な濃度の1.9%
皮脂に近い成分で覆われた浸透型ハイドロキノン
365日返金・返品保証付き

 

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9

※皮膚科での処方同様、粘膜への使用はお止め下さい。

 

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9ビーグレンQuSomeホワイト トライアルセット

 

トップページに戻る