危険!小陰唇(性器)へのトレチノイン使用

危険!!小陰唇へのトレチノイン使用

粘膜部分に近い小陰唇(性器)の黒ずみには、強い薬は使えません。

 

実際、皮膚科で小陰唇・ヒダの部分の色素沈着、黒ずみを相談すると
低濃度のハイドロキノンのみの処方か
いっそのこと縮小(切除)手術をしてしまうか。

悪徳医

 

よほどの効果だけを求める悪徳皮膚科医でなければ、
粘膜の近い部分にトレチノインの使用や
高濃度のハイドロキノンの使用を薦めることはありません。

 

小陰唇へのトレチノインが危険な理由

 

トレチノインには副作用として皮が剥けるピーリング作用が伴います。

 

小陰唇(性器)は、ただでさえ皮膚が薄く
デリケートゾーンのため、かぶれや炎症を起こす危険性があります。
また、下着で常に摩擦を起こしている部分でもあるため、
いつ何時、粘膜部分に塗り広がってしまうかわかりません。

 

もともと内服薬として用いられていたトレチノインですが、
大量に内服した場合、奇形を生じるという動物実験データが残っています。

 

このことから、体内に入り込んでしまう危険性がある小陰唇への使用は避けるべきとも考えられています。

 

小陰唇の黒ずみ対策は?

 

実際、皮膚科で小陰唇・ヒダの部分の色素沈着、黒ずみを相談すると
低濃度のハイドロキノンのみの処方か
いっそのこと縮小(切除)手術をしてしまうかを案内されます。

 

塗り薬で治療する場合、
ハイドロキノンに限らず、どの化粧品・医薬品にも言えることですが
いくら低濃度と言えど炎症を起こしてしまうことがあるので、
あくまでも使用範囲は粘膜部分以外となります。

 

小陰唇縮小手術では、小陰唇の色素沈着部分そのものを切除してしまいますので
手っ取り早く、かなりきれな見た目になります。

小陰唇(性器)の黒ずみに悩む女性

 

ですが、アソコを切り取る.....
というのはさすがにちょっと勇気がいるものですね。。。

 

関連記事:皮膚科での陰部・Vラインの黒ずみ治療法

 

トレチノイン不要のハイドロキノンクリーム

 

陰部にトレチノインは危険すぎて使えない。
かと言って、ハイドロキノン単体では肌へ入っていかない。

 

陰部の黒ずみにはb.glenのQuSomeホワイトクリーム

この2点をカバーするのが、

b.glenのQuSomeホワイトクリーム1.9

 

本来皮脂によってブロックされてしまうハイドロキノンの表面を
皮脂に近い成分で覆うことで、皮脂を通過して肌の奥まで成分を届けることができるハイドロキノンクリームです。
つまり、
トレチノイン要らずのハイドロキノンなのです。

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9

 

皮膚科で処方されるハイドロキノン2~4%に比べ濃度が少し低めの1.9%ですが、
本来のハイドロキノンより浸透しやすい状態にすることで、
4%並の美白効果を発揮すると言われています。

 

浸透率が本来のハイドロキノンより優れ、
濃度が強すぎることによる痛みやかぶれなどの副作用の心配もない
ので、
まさにデリケートゾーンの黒ずみに最適なハイドロキノンと言えます。

 

※ 効果がなければ返金してもらえます!

 

b.glen(ビーグレン)公式サイト