デリケートゾーンの黒ずみへ最適なハイドロキノンの濃度と選び方

ハイドロキノンを選ぶポイント

陰部(性器)や股(Vライン)などのデリケートゾーンに
ハイドロキノンを使用する場合、いくつかのポイントがあります。

 

美白効果が高い分、肌への刺激も強い成分なので、慎重に選びましょう。

陰部へはハイドロキノン2%の濃度が最適!

ハイドロキノンは濃度が高ければ高い程、
肌への刺激が大きくなり、
副作用や白斑などの後遺症のリスクも高まります。

 

陰部の黒ずみに悩む方

医師の処方なしに刺激の強いハイドロキノンを

ましてや、
通常より皮膚の薄いデリケートゾーンに使うのであれば
肌への負担が少ない2%が安心と言えます。

 

低濃度のハイドロキノンであれば、
ハイドロキノン特有の痛み・かぶれなど副作用の報告もほとんどありません。

 

肌を健やかに美しく保つためにも、 効果と副作用のバランスが取れた
濃度2%のハイドロキノンクリームを選びましょう。

 

肌へ浸透しやすいハイドロキノンを選ぶ

ハイドロキノンは、皮脂がある肌へは浸透しずらい性質を持っています。

陰部の黒ずみに悩む方

 

かと言って、
通常のしみ治療でハイドロキノンと一緒に処方される
トレチノイン(ハイドロキノンの浸透を高める目的)は
陰部には危険すぎて使えません。

 

効率良く、陰部の黒ずみ対策を行うには、
単体でも浸透力の高いハイドロキノンを選ぶことがカギとなります。

 

多少濃度が低めでも浸透力が高ければ、美白効果はグンと高まります。

 

返金保証がついていると安心

 

どのスキンケアにも言えることですが、
全ての人が同じように満足できるとは限りません。

 

症状や悩みも一人ひとり違います。
効果や使用感にももちろん個人差が考えられます。

 

陰部の黒ずみに悩む方

いくら美白効果に優れると言えど、
ハイドロキノンをデリケートゾーンに使用するとなれば

不安を覚える方も少なくはないでしょう。

 

返品・返金保証がしっかりついている商品であれば、
万が一、肌トラブル、効果に満足ができないということがあっても安心です。

 

まずは、肌に合うか合わないかを確認したいという人は、
お得なトライアルセットから試してみるのもいいかもしれません。

 

デリケートゾーンに最適なハイドロキノンクリーム

b.glen ホワイトクリーム1.9のおすすめポイント!!

安心かつ効果的な濃度約2%
肌に浸透しやすいハイドロキノン(トレチノイン不要)
365日返金・返品保証付き

 

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9

 

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9ビーグレンQuSomeホワイト トライアルセット